ACM語録~ひ~

  • PIO(ピー・アイ・オー)…“Pilot Involved Oscillation”の略で、直訳すると“パイロットが巻き込まれた振動現象”となる。フライ・バイ・ワイヤ機などコンピュータを介在する操縦システムに多く、操縦桿でのパイロットの操作から機体がその動作を出力するまでにタイムラグがあることにより、パイロットが必要以上に操縦桿を動かしてしまい、それが元でで過修正のループを引き起こしてしまう現象のこと。パイロットの操縦ミスとは明確に区別される。最終的にはポーポイズ現象などを誘発することもある上、人力飛行機では飛行高度が低いために墜落に直結する可能性もあり、非常に危険である。
 
  • ピエロ…柏駅から徒歩5分、国道6号沿いにあるカラオケ店。ACMで2次会といえばここである。シダックスやビッグエコーを利用するサークルが多いが、ピエロの方が安価にオールできる。
 
  • びっくり日本新記録…1975年から読売テレビが放送していた伝説的番組。鳥人間コンテストは元々この番組内の1企画としてスタートした。鳥人間の他には「逆立ち相撲日本一」や「後ろ走り日本一」など、くだらない競技がほとんどだった。
 
  • ピッチ…機体を横から見たときの、機首を上下させる方向のこと。縦揺れとも。
 
  • 尾翼…おもに機体の姿勢を維持するための翼。ピッチを制御する水平尾翼、ヨーを制御する垂直尾翼に大別できる。主翼よりも後方に取り付けられることが多いが、主翼より前方に取り付けられた『先尾翼』を採用した機体も存在する。
 
  • ピザッツ作戦…昔々、まだガレージの前にゴミ捨て場があって、誰しも分別など気にせず、不法投棄じみたゴミの山が毎日の様に出来上がっていた頃の話。その日、ゴミ捨て場には大量のエロ漫画雑誌(ピザッツ)が捨ててあったとさ、当時三年生だったM氏(後のペラ班班長である)はその大量をエロ漫画雑誌をあろうことか隣・・・・・以下自粛・・・・。


  • 最終更新:2010-05-23 13:11:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード