ACM語録~い~

  • 石神大明神(いしがみだいみょうじん)学友会から徒歩3分の場所にある小さな神社。通称○○○神社。この地域の産土神(うぶすながみ)と思われる。近隣のバス停名称から「下三ヶ尾稲荷」と勘違いされがちだが、○○○をご神体として祀っているのは「石神大明神」の方である。ACMの作業場から最も近い寺社仏閣であるため、ACMではコンテスト前の必勝祈願としてここへ参拝することを推奨している。
ishigami
▲石神大明神 ACM公式参拝(必勝祈願)の様子
 
  • 伊豆山戦争(いずやませんそう)…2007年ACM慰安旅行での出来事。1泊目の貸別荘が伊東の山の上にあり、ミカン畑を含んだ広大な土地を丸々貸し切ることができた。そのため、一部メンバーがモデルガンを持ち寄り、さながら中東の武器見本市のようになり、最後には戦争が勃発。夜景と日本酒を愉しみながら露天風呂に浸かっていた4年生と5代目代表は、突如「捕虜が~っ!」と言ってモデルガン片手に乱入してきた4代目代表に絶句した。
 
  • 今起きた…プロペラ班珠玉の名文句。寝坊してもこの名文句さえあれば万事解決。しかし社会人では通用しない、諸刃の剣。まあ素人は「今日は風邪を引いたので休みます」でも使ってなさいってこった。

  • Hirondelle(イロンデル)…2号機。イロンデルとはフランス語で「つばめ」という意味。ACMが鳥人間コンテストに初出場した記念すべき機体。


  • 最終更新:2009-09-16 04:00:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード